menu
close

ブロックチェーンにおけるソーシャル・コマース あなたのコミュニティを作って、使った分より儲ける。

集団の利益と顧客の共有システムを通して、購入者の購買力と販売者の顧客べースを増大するために生まれた、新しいエコシステムです。

公開販売開始

特徴と機能

コインシェアはソーシャル·ショッピングの協働プラットフォームです。

買う人は暗号通貨によるキャッシュ·バックを購入するたびに受けることができ、これは付加的にコミュニティ内での購入にも認められます。リアルまたはオンライン店舗はコインシェアのコミュニティにより、顧客ベースを増やすためのインターフェイスを使うことができます。

それだけではありません。顧客が組織内の店舗で行う購入により、蓄え利益を得ることができるのです。

コインシェア·コミュニティの全参加者は「シェアラー」と呼ばれます。シェアラーは最も活発なものを褒賞するアルゴリズムにより、エクストラの報奨を毎日受け取ります。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンはすべての人に開かれた会計原簿です。公の帳簿といえます。この元帳にある情報はブロックに記帳されます。これらは作られた順につなげられ、暗号法を使って連結され、変換できないように潜在的に結ばれています。簡単に言いますと、ブロックチェーンは出来事を登録し、この記録が決して消去されないよう確認する役を果たします。

この特性は二つ以上の主体が協定を結ぶにあたり、互いを知らないことから相手を信用できない場合などに、大きな助けとなります。ブロックチェーンは、こういった限界を乗り超え、今日私たちに取引における信用と確さに基づく新しい関係を築き上げることを可能にします。

コインシェアが使用するブロックチェーンはイーサリアムです。

ソーシャルコマースとブロックチェーン

明瞭さ

イーサリアムの情報ブロックにネットワーク内でコミュニティのメンバーが行うすべての活動、購入、販売、キャッシュバック、コミュニティに加入する個人/店舗、が記録されます。

キャッシュバック&ブロックチェーン

コインシェアを通して購入する都度、暗号通貨によるクレジットが生じ、これはブロックチェーンに記録され、組織内で使用することができます。もしくは、クレジットを主要な取引所で他の暗号通貨に交換、転換できます。

ランキング&ブロックチェーン

信用、共有と能力主義システム

組織内で行われる活動は、参加者からなるランキングに表されます。参加者は成績により暗号通貨によるボースを受け取ることができます。コインシェアがより利用され、共有されるほど、週ごとのクレッジト·ボーナスをより多く獲得することができます。

トークン

コインシェアの組織で使用される暗号通貨は「トークン」と規定されます。トークンはTCJと呼ばれ、これはToken CoinShare Joinの頭文字からなります。実際、ユーティリティートークンは数量を限定した形(総供給量5億)で発行され、プラットフォーム内のサービスにアクセスするのに使用されます。コインシェアのプラットフォームで使用される度に、自動的に消費されます。

TCJトークンセールに参加するメリット

有利な価格でコミュニティに参加してください。

トークン·セールに参加することで、コインシェアのコミュニティにとても有利な価格にて加わることができます。

全部で5億のトークンが限定された形で発行されます。

このトークンはプラットフォームのサービスにアクセスするために使用され、その後自動的に消滅します。いわゆる消滅するトークンの直接的効果はトークン不足を引き起こすことで、これによりトークンを長期間保持する人を報奨することになります。

チーム

ルイジ・マイスト(Luigi Maisto)

CEO最高経営責任者&共同創設者

各種企業の株式保有に参画する企業家およびイノヴェーター 重要で顕著な経歴として、マイベストグループ株式会社、イージークラウド有限会社、マイクロビーズ社。2014年に初のシェアリング・コミュニティMyG21を創設、コインシェアへと発展する。株式を保有する企業グループは3.5千万ユーロの収益を上げ、1.500人以上が働いている。

ダニエーレ・ヴィガノ(Daniele Viganò)

CIO最高情報責任者&共同創設者

企業家、モチベーター、国際スポークスマン 30年間行っていることは、こう集約できます。 2003年に今日マイベストとなったKey21を最良の友、それから企業家のグループと創設しました。彼らとは公共施設、電気通信、エネルギー、ペイTV部門で歴史を築きました。総売上高100万から2.5億の収益を上げ、顧客数は500万以上です。現在最も時流に乗っている、アクセンチュア言うところの、スウィッチング・エコノミーの業界にてです。すべてチームがあってこそです。数字には真実の賢明さを備えています。

ヴァレンティーノ・デル・ジューディチェ(Valentino Del Giudice)

CTO最高技術責任者

2005年ナポリ・フェデリーコ2世大学電気通信工学科卒業。その後、ACIインフォルマティカ、アクセンチュア・テクノロジー・ソリューションズ等の企業に勤務。2008年に革新を実現し、新しい技術を繰り広げるイノヴア社のIT責任者となる。2014年よりMyG21社のCTOとなり、共有とシェアリング・エコノミーを基とする社会経済モデルを展開させるミッションを担う。

ロベルト・レ(Roberto Re)

CLO最高人材養成責任者&共同創設者

業界でのキャリアは25年以上になる欧州研修の第一人者。そのコースには35万人以上の人が参加。おびただしい日数の講義と数百に上るパーソナル・コーチングからなる。1992年、ロベルト・レはイタリアの管理・行動育成に関するリーダーである、HRDトレイ二ング・グループを共同創設、マスター・トレイナーでもある。HRDトレー二ング・グループとロベルト・レは、コンテンツの表現及び原理における独自のノウハウにより人事開発部門において誰もが認める指導者である。HRDはイタリアで初めて音声、ヴィデオ、オンラインによるマルチメディアの養成コースを生みだした。

ピエロ・ロッカ(Piero Rocca)

CFO最高財務責任者

1984年に資格試験に合格し、ミラノの会計士名簿に登録し、父の事務所にて職業人としてのキャリアを開始した。1987年ジャンカルロ・パイアリーニ(第1次ベルルスコーニ政権時の財務相)とともにパイアリーニ&ロッカ監査有限責任組合を設立。1992年に法定会計監査人となる。1998年までフリーランスにて、様々な分野、保険、スポーツ,流通、小売り等、の重要顧客のため会計士として働く。1998年、マッシモ・モレッティと共同で,インテル・キャンパスのプロジェクトのため働く。これはFCインテルの監督下にある若いサッカー選手をスペインで育て力を発揮する機会を与えることを目的とした。1999年8月家族(夫人はマドリッド出身)とともにスペインに引っ越し、現在に至る。会計士の仕事に別れを告げ、海外への進出を望むイタリア企業のコンサルティングを行い、自ら様々な分野でのスタートアップに取り組む。2003年、マイベスト・グループを共同創設。同グループは公共事業とEコマース部門での多重チャンネルを運営し、スペイン市場のジェネラル・マネ‐ジャーの任を負う。 2014年、MyG21を共同創設し、取締役会のメンバーとなる。2016年、パトリシア・ラ・ダーガ並びにダニエーレ・ヴィガノとItalianiOvunque.comを創設。当Webは世界中にイタリアの文化、伝統、美点を振興中。

ヴァレリア・サヴァネッリ(Valeria Savanelli)

CCO(最高コミュニケーション責任者)

16年にわたる広報トップ及び販売会計部長としてのキャリアを持つ。 2009年キー21に加わり、顧客管理及び販売戦略を通し、企業目標達成につながるものを生み出すことに勤しむ。 業界で育ち、企業マネージャーと絶えず接触を続けた上、新たな能力の習得への欲求が相加わり、次第に重責を担うようになる。2015年にビーズスマート、次いでマイクロビーズ・テクノロジー社という、新しい企業ビジネスを発展させるのに尽力することとなる。

ジュゼッペ・デッロ・ヤーコノ(Giuseppe Dello Iacono)

シニア・デベロッパー

10年以上のキャリアを持つソフトウエア開発者で、イノヴァ、エジソン、MyG21、ビースマートのアプリケーションを作り上げた。開発サイクルの各段階、企画、発展、デバッグ、試行、保全の全てに精通している。多層構造での応用について展開と最適化を研究し、革新的な技術的解決策を適用しながら時代とともに歩む解決策を提供する。

パトリチィア・シルヴェストリ(Patrizia Silvestri)

Webソリューション設計者

学界での資料探究から、製造、教育分野での実践的企画と、段階を追って経験を積み重ねてきた。グラフィック・デザイナーとして18年働く。フリーランスに始まり、キー21社、ワトソン等大手企業を経て、2014年よりMyG21社のグラフィック部門の責任者となる。コミュニケーション製品のクリエイティブの専門家であり、Webデザイン、ユーザー・インターフェース、レスポンシブ・デザイン、ブランディング、3Dモデル、ヴィデオ部門でも確固とした経験を持つ。

ポール・レンダ(Paul Renda)

アドバイザー

ミラー&パートナーズ有限会社CEO兼オーナー。外国での留学・就職を、経験したのち、イタリアに帰国、精力的に仕事に着手する。企業パフォーマンス改善補助のための統合サービスを提供するコンルテイング会社を作る。このため人事部にて働き始め、続いて企業内の多様な分野における知識を深めるべく様々な分野(衛生、ロジスティック、ホテル業)でのプロジェクト・マネージャーの任を請け負う。この経験は企業プロセスにおける広大な視野を身に着けるのに役立つこととなる。今では多年にわたり、そのチームととともにPMIや中規模企業へ効率を取り戻し、かつ新しい市場を開拓すべく、職業的な面(業務、財務、企業コンサルティング)のみか、組織的な面からも、顧客に合わせたサポートを通し援助を行っている。専門は経営管理コンサルティング、財務コンサルティング企業再建・再編、スタートアップ、工程管理、経営管理、国際化、労務管理。

レナート・サルサ(Renato Salsa)

アドバイザー

1998年ニューヨークのメリル・リンチでポートフォリオ・マネージャーとして職業上のキャリアを開始。セッラ銀行グループの運用証券アナリスト、ポートフォリオ・マネージャー及びプライヴェート・エクイティ・アドバイス委員会のメンバーとして働いたのち、2001年にエルンスト&ヤング・ファイナンシャルービジネス・アドヴァイザーの合併・買収部門に移り、M&Aマネージャーとなる。2006年マッキンゼー商会に入り、コーポレート・ファイナンスとプライヴェート・エクイティーを専門とするようになり、2009年にはマッキンゼーの専門家として経済財務相から国家財政部門のメンバーとして招喚される。財務局直属でイタリア政府が奨励するプライべート・エクイティ・ファンド、イタリア投資ファンドを売り出すという任務を担う。すぐさま経営管理を行う運営委員会のメンバーとなり、2010年にはイタリア投資ファンドのファウンディング・パートナー及びシニア・パートナーとなり、2017年4月まで在任。2017年5月にルガーノに呼ばれ、有力家族の財産を運営するべく、グレースキャピタル・パートナーズ社にまとめ上げた。これはスイスにある独立系マルチ・ファミリーオフィスで、とてもパーソナルで行き届いた取り組みを行う。レナートはコーポレート・ファイナンス、プライヴェート・エクイティ、管理コンサルティングにて20年以上の経験を持つ。イタリア内外で全産業にわたり、特にミドルマーケットに焦点を当て、多数の買収合併の取引を監督。エコ・エリダニア(株)、チーム・アンビエンテ(株)、エマルク(株)、ラ・パトリア(株)、システーミ・インテグラーリ有限会社、トゥルー・スター(株)、AIAF・ピラーキャピタル・パートナーズ有限会社等のイタリアの中規模企業で経営顧問の位を担う。レナートはL.ボッコー二大学にて企業経営の修士課程を終え、専門はコーポレート・ファイナンスである。国際公認投資アナリストで、コーポレート・ファイナンスとプライヴェート・エクイティ、評価、合併買収について教鞭をとる。さらに2017年には財政学の名誉学位を授与される。数多くのクラブや協会のメンバーでもある。その中に「ソチエタ・デル・ジャルディーノ」(1783)、ロータリー・クラブ、カノーヴァ・クラブ、イタリア財務アナリスト協会、ヨーロッパ財務アナリスト連盟協会、マッキンゼー同窓会、エルンスト&ヤング同窓会、ALUBボッコー二、R&I基金学術委員会、ファイナンス・コミュニティ・プライヴェート・エクイティ・クラブがある。

ジャコポ・モスキー二(Jacopo Moschini)

アドバイザー

コミュニケーション戦略を専門とする企業家でビジネス・マネージャーであり、国際化へのマーケティング戦略に密着したプロジェクトを発展させることに努めています。主として中国、ロシア、日本、サウジ・アラビア等の頭角を現しつつある市場に向けて、新しいビジネスの機会を模索しています。実際、目標とするのは新たなパートナーシップを通しネットワーキングを改善するだけでなく、国境を超えて買い手、売り手を見つけることにあります。マイ・シック・ジャングルのパートナー兼CEOとしての仕事は重要なトレンドとマーケット内のコミュニケーション活動をチェックし、次いでそれぞれの顧客の種類に応じて最善の戦略を提供することにあります。ブランドのアイデンティティと評判をオン、オフラインにかかわらず効果的に作り上げ、成功するブランドに導くべく助けることが目標です。

エドアルド・ナルドゥッジ(Edoardo Narduzzi)

アドバイザー

2000年代の初めにエドアルド・ナルドゥッジはいくつかの会社(プロキシイタリア(株)、エヴァべータ(株)、NETイコス)を創設し2004年に彼の会社の中で目下最大のテケッジ(株)を共同創業した。同社は企業へのテクノロジー・ソリューションのを目指し、坤為地1300人が働く。総売上高は1.5億ユーロで世界12か国に所在する。連続起業家としてのエドアルド・ナルドゥッジは数多くの成功におごることなく、2009年から2012年の間にマッシュフロッグとトラスト・マイ・フォンという超技術の賜物を作り上げた。これは多様な分野にむけられたもので、ヴェトゥリーアのスタートアップに貢献した。同社は代替投資市場AIMにて公開されて1年以上となる。著作を趣味とし、数々のスタートアップの合間に、エドアルド・ナルドゥッジは評論を8本発表した。その一冊に、マッシモ・ガッジとの「中産階級の終焉とロー・コスト社会の誕生」(2006年エイナウディ)がある。

フェデリーコ・パチッリ(Federico Pacilli)

アドバイザー

「銀行及び金融市場」についての学位、UXデザイナー、フロントエンド・ディベロッパー。ヴェンチャー・キャピタルの援助を受ける会社の創設者、LUISS大学教員、プレーアクセラレーション・プログラム「ラーン・スタート・アップ」でUXデザインを教授。暗号通貨とICOの専門家。

ジャンルーカ・マッシー二・ロザーティ(Gianluca Massini Rosati)

アドバイザー

連続起業家、ベストセラー著者、税金・データ入力・企業会計のビジネス・エンジェル。5か国に20以上の会社を持ち、150人以上が働く。イタリアで大手五指に入る会計事務所を創設し、過去2年間の顧客数は1万を超える。

ダヴィデ・バルディ(Davide Baldi)

アドバイザー

連続起業家、商用ネットワーク作りの専門家として様々な分野の企業を所有する。経営コンサルティング、ブロックチェーン分野での企画、不動産業務がある。企業の国際化に注視しながら、イタリア及び外国企業の成長に向けての戦略作りに勤しむ。

アルベルト・フェルリン(Alberto Ferlin)

アドバイザー

様々な組織で職業的キャリアを積んだ後、会計士及び監査士として名簿に登録。2007年に専門会社フェルリン・ティッゾ&アッソッチャティを創設。財務コンサルタントと財務顧問サーヴィスにを専門とする。イタリア及び外国での買収合併、グループ再生プロセス及びプライヴェート・エクイティの領域での特別財務、つまりコーポレーション・ファイナンスのオペレーションで重要な経験を積む。国際財務協会(IFA)のメンバー。投資戦略顧問としていくつかの投機ファンドの発売に尽力した。

ステファノ・トレスカ(Stefano Tresca)

アドバイザー

デジタル化とフィンテックの専門家。連続起業家、ベストセラーの著者、新しい技術への投資家。フィンテック及びフューチャー・シティーズのヨーロパ随一の技術アクセル、レヴェル39の創設メンバー。起業家のための共生コミュニティ、スタートアップ・ホームの創設者。

今がその時だ! あなたのチャンスを逃さないでください。